2012年5月2日水曜日

蒸気の時代(Age of Steam)

プレイ人数:2-6人
時間:2時間くらい

 私は大好きなのだけど、いつも一緒にやっているひとたちはこのゲームが好きではないのでなかなか再戦の機会がないのです。これと「コズミック・エンカウンター」はそうゆうゲームです。

 線路を引き、モノを運んで収入を得る。最後はその収入と借金、引いた線路の本数が勝利点になるという鉄道ゲームです。問題は、その収支が非常にかつかつなこと、のようです。初期の所持金が10、初期の支出が3で確定しているのに対して、1ターン目に得られる収入は(ほぼ確実に)1、追加の支出は線路の費用で4-6と、2ターン目開始時にして破綻の危機が訪れます。

 これは借金により回避できるのですが、また翌ターンに借金の支払により支出が増え、それを補うために借金をして……という連鎖。文字通り自転車操業。私はこのかつかつ経営感が大好きなのですが、なかなか広範な支持を得るには至っておりません。

 完全日本語版もありますので手軽に手に入れられます。もっと広まってもいいゲームだと思うんですけどね……

0 件のコメント:

コメントを投稿