2012年5月2日水曜日

ラリーマン(RALLYMAN)

プレイ人数:1-4人
時間:1時間くらい

 今回から英語表記があるものはタイトルに併記することにしました。

 WRC(箱の絵はカローラっぽい)をテーマにしたボードゲーム。多分モータースポーツやドライビングに一定の理解がないと楽しめないと思います。というより、何をやっているのかわからないのではないだろうか。

 ただし、理解がある人にとっては結構な良作。コーナーリングの際に突っ込み重視なのか立ち上がり重視なのか、それによってちゃんと展開が変わっていきます。

 ゲームはギアに応じて1-5速までのダイスとアクセルダイスを振って車を進めていきます。ギアが上がるとリスクが上がり、ダイス目によってはコントロールを失います。コースは4枚×2面の組み合わせです。SS(この単語の意味が分かる人向けのゲームです)を3ステージクリアすればゲーム終了、サービスは入れても入れなくてもOKです。

 タイヤにダメージを受けるとアクセルを失うことに違和感がある人がいましたが、これは多分グリップの悪化によるコントロールの低下を示しているんでしょうねえ。衝突のダメージでギアが上がらなくなったプレイヤーがいましたが、ちゃんと悲惨な結果になっていました。

 前述の通り、モータースポーツに興味がある前提が必要かとは思いますが、3人プレイでみんなマンゾクー、という感じでした。相手のタイムが分からないので、どこまで攻めればいいかの判断が難しいのもいいですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿