2013年2月12日火曜日

スペースミッション(Spacemission)

プレイ人数:2-5人
時間:30分くらい

 プレイヤーは手札を利用して8つの惑星を探索/開発し、様々な発見をして勝利点を稼ぎます。

 移動にも勝利点が加算されますが、その場合は行先が手札に制限される上に手札も消費してしまいます。このゲームは手札の補充も1アクションなので、手札が減るのは結構痛いのです。

 移動して惑星に着いたら探索や開発、それに上陸しての資源確保になるわけですが、全ての惑星に8枚のタイルがありますが、そのうちの幾つかはSpaceタイル、空っぽです。このタイルのオープン枚数がゲームの終了条件にもなっています。

 宇宙港の開発はあまり差にならないので、やはりタイルの獲得がメインになりそうです。しかし惑星の開発をしないと獲得そのものができないので、誰がいつやるかは難しいですね。実プレイでも探索をやり続けて所有権は決まっていたものの、私がゲーム終わらせたので死蔵になったタイルがいくつもありました。

 4人でやりましたが、サクサク進むしどこに何があったかを覚えていないと得点の揃いが悪いので記憶力使うし、どこでカードを引く=手番を遅らせるのかを考えたりもできるというよいゲーム。プレイ時間が短いのもSFゲームの中では珍しく、その点でもいいですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿